ウォーターズ (gyao) 2005年

2.9点 最期が・・・。
ウォーターズ 初回限定盤
あらすじ:
保証金をつんでホストに就職した7人、ところがオーナーと思われた人物は保証金を持って逃走する。本物のオーナーと話し合った結果7人はその海辺のバーを改修してホストクラブを始める。
監督:西村了 キャスト:小栗旬、松尾敏伸、須賀貴匡
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
ウォーターズ公式
このアイテムの詳細を見る

なんか最期がどうなのかというか普通におわってもテンプレだとは思ったがなんなんだあのラストは。ちょっつひどいです。なんとなく天使の牙の監督ってあたりで妙に腑に落ちた。あとホストクラブ、、、あれ、、全然楽しそうに無いんですが、っていう時点でちょっと駄目かも。金払って行く気にならんな、男視点というかホストになりたい人からの視点の映画なのかも。客のことあんまり考えてなさげというか。いやそれ以前に臭すぎ。ていうかそもそもホストクラブじゃなくてバーでは。なんとなくアレ、女の人を激しく勘違いしてるような気がします。男視点だとああなるのかねえ、ともあれなんかムカツク。とりあえずホストクラブとしてもホストとしても最期まで駄目だとおもうので3点アンダーなわけだがうん、俳優萌え映画だと思うので俳優好きな人にしかお勧めしない。臭すぎて私は体質的にNGでした。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索