ボビー 2/24公開 (試写会)

3点 アメリカ人の為の話。
ボビー BOBBY ボビー BOBBY 
あらすじ:
1968年、アメリカはベトナム戦争に疲れていた。そこに現れた待望の星、ロバートFケネディであったが彼はカリフォルニア州選挙の勝利の夜、アンバサダーホテルで暗殺される。そこにいた24人の群像劇。
監督:エミリオ・エステヴェス キャスト:アンソニー・ホプキンス、デミ・ムーア、シャロン・ストーン、イライジャ・ウッド、リンジー・ローハン
ボビー公式
商品詳細を見る

ベトナム厭世、鬱々とした世情、新記録を出す野球選手、移民問題、盛んな黒人開放運動の裏のラティーノなど当時の世相を反映した、電話交換手やウエイトレスやそういった普通の人々の群像劇なんですがその人々の織り成すたわいの無い会話やちょっとした幸福や不幸などが次々と描かれるラブ・アクチュアリーみたいな映画です、ラスト15分までは。そのラスト15分がまあ見所であり激動なんですが日本人的には置いてかれた感を感じる人が多いのじゃないだろうか。それまでそれなりにいい話で見所も盛り上がりもドラマもありつつ運んできたストーリーが吹っ飛ばされるというかまあメインは暗殺なので話が完全にシフトするわけです、それで終了。アメリカ人的には多分各人のストーリーが当時の過去の記憶と現在のイラク戦争厭世にかぶさって非常に感銘をうけるラストになってるかとは思うのですが日本人にとっては1968年に生きてた人の単なるドラマくらいの思い入れしかないからなあ普通。いや、いいたい事は凄くよくわかるんだ、ただドラマパートがよかった分乗り切れなかった感むんむん。映画としてはいい映画だと思うのだけれども面白かったかどうか、になると3点になってしまった。アメリカに住んでるとか思い入れがある人にはいいと思う。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

アンソニーホプキンスはドアマンですね。普通の人でなかなかいい味を出してます。最近の作品というか今やってる世界最速のインディアンではかなりいいじいさん役をやってます、でもやっぱ変質者イメージが強いかな。
そういえば今度やるハンニバルビギニングは若い人がやるみたいですね過去のハンニバルを。どうなのかなあ。

キャストは確かに凄く豪華でした、が、うーん。

キャスト

豪華なキャストですね。

デミムーアとシャロンストーンが共演って
想像しにくいかも。

アンソニーホプキンスはハンニバルレクター
に代表される変質者の役が
あまりにはまるので、そういうのが多いが、
本人はもう嫌だとかいってという話が
あります。
これは普通の役なのかなぁ?

そうなのかー。
結構いろんな人がきてるね。
大熊行動は学部卒業式で1回入っただけなのだけど結構せまくてぼろいよね。なんかストラップもらった。
冬寒そう。そういえば公式イベントっていったのそれっきりだな入学式もさぼったし。
そんとき学生証忘れたから返納してなくて1回なくしたのがみつかったので都合2枚もってる。

ロバート・ケネディは大隈講堂に講演しに来たことあったようなする

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索