癒やされた地 (BS) 2005年

3.1点 とりたてて面白みはないのだけど。
あらすじ:
タイはベトナム戦争後妻と暮らしていたが戦前に妻と子供がいた。家を作ったが食べていけないため危険な地雷除去を仕事とするようになる。
監督:ブイ・タク・チュエン キャスト:チャン・ヒュー・フク、ゴー・ファム・ハイン・トゥイ、マイ・ゴク・フーン
これは面白い、っていう作品ではないしとても地味なのだけど地雷ってのは恐ろしいってのがひしひしと。それが日常っていうあたりがとても恐ろしい。主人公は普通に生活して普通に地雷をほってるんですよね、でもたまに人が吹っ飛ぶ。実によく吹っ飛ぶ。牛も吹っ飛ぶ。なんていうか地雷で吹っ飛ぶのが日常として描かれている。あんな住宅に隣接してると子供が間違えて入ったりとかもよくあるでしょうし現在もまだ大量に残ってるんだよなー。主人公も善意で掘ってるんではなくて生活の為になんとなく掘ってる、で危険についてはあんまり考えてないように描かれてるんだけど自分の子供が近寄って危険が目の前に迫るとそれはもう怖い事だって目の前に突きつけられるみたいな。また癒された地ってのが秀逸で戦争に勝ったからといってそれで終了ではなく長い地道な努力があってようやく癒されてるってのが現れてる秀逸なタイトルだと思う。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索