リミット 野沢尚 (本)

3点 色々唐突かも。
リミット リミット
あらすじ:
児童失踪事件の続く中、有働公子はあゆみちゃん誘拐事件の担当となる。母親役として犯人との電話のやりとりを行う有働公子に突然公子の息子を誘拐したとの連絡が犯人から入る。公子は警察を敵に回しながらも誘拐犯と対決する。
講談社
この商品の詳細を見る

最初の方は凄いだるくて読みづらかったんだけど後半はさくさく読めるかも、サスペンスものとしては妙に視点があちこちに飛ぶような感じがするが読後感は悪くない。ただ全体を通して一番イメージ残ってるのはセックス描写だったりするんだがセックスしてると突然描写が妙に濃くなるんだよね本当に唐突に20行くらい描写が入るの。そういうノリがどうも苦手かも、というか引く。同じような感じで終盤戦の銃撃シーンもあるのだけど妙に脳内でもりあがってる感じで置いてきぼりを食らう感じ。いや、というか煽られてる感じがするんだよなあ。ただストーリーとしては基本はベタな部分もあるんだが色々混じってる(つか詰め込みすぎなような気も)なかでもまま推理部分が凄く簡潔でよかった、というかセックス描写にくらべるとこれがまた面白いくらいあっさりしてるんだよな推理場面。このあっさりしてるのと濃厚なのの落差が激しすぎるのでなんか結構疲れます。著者が好きなキャラクターとそうでないキャラクターがあからさまにミエミエというか、個人的には片野坂が結構好みなんだけど最期のほう物凄い粗雑な扱いだし。なんつかこの局所を物凄くクローズアップする作風が一寸苦手。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

わかりましたねこ

語尾です。

さしますくま
のさいごの「くま」
ってなに

特定アジアで主に韓国とか中国をさしますくま。

特アってなに
マニアのことかい

破線のマリスかな、まだ読んでないけど。なんか妙に暑苦しいというか濃い印象をうけたので特アにはうけそうな気はしないでもないなあ。
あんまり聞かない名前だよね。

この有働って有働アナウンサーから連想した名前なんだろうね

作者は推理はどうでもよくて
セックスの方が大事というか
好きなんだろうね
野沢さん自殺したけど
中国では野沢ドラマブームが起きているらしい
この人のなんとかのマリスっていう作品読んだことあります

むーバラつく作家さんなのか。他のもよんでみようかなー。サッカーはあんまり得意じゃないんだけどー・・・。
凄いねちっこいサッカー小説だったりするのかなー。

野沢さんは当たり外れのばらつきが多い気がします。

サッカー好きなら「龍時」は神小説。

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索