リトル・ミス・サンシャイン (映画)

3.2点 迷惑家族。
リトル・ミス・サンシャイン [DVD]リトル・ミス・サンシャイン [DVD]
あらすじ:
オリーヴはリトル・ミス・サンシャインの決勝に出場することになり、自己啓発を売り込む父と自殺未遂の叔父と薬中の祖父と喋らない兄と優しい母と共にワゴンでフロリダに向かう。
監督:ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス キャスト:グレッグ・キニア、トニ・コレット、スティーヴ・カレル、アラン・アーキン
リトル・ミス・サンシャイン公式
商品詳細を見る

道中次々にアレな事が起こるのだけどぜんぜん暗くならず軽くもならずで脚本がすばらしさが光る作品。キャラクターの個性豊かな書き分けが凄くてそれぞれの家族の視点が結構いい台詞に反映されている。だが個人的に一番素晴らしかったのは前半のシラケっぷりです。娘を自己啓発する父を背景にシラケきってるダイニング、白ドラに匹敵するシラケっぷりです。いやあこんなにいいシラケっぷりの映画はあまりない。対して後半はばらばらの家族が纏まっていくのですがそこはそこで普通にいいです、連帯感とかなんとなくわかりあえてきた感じとかも好印象で(でも前半のシラケた感じが好きだ)。ただなんていうか差し引いても迷惑家族だなあというのがちょっとイマイチかなあ、ホテルに近づくあたりから空気よめなさげな所(コンテスト以外でも)が鼻についてくる、まあ空気読めないのは家族の個性なんだけどマイナス方向に見えてくるというか、あんまり近くにいてほしくない家族かも。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

なんかスピリッツかなんかでそういうのがあったなあ、大学卒業くらいから一緒に頑張ってきた人がかわってわかれたりいろいろしたりしつつどっちかがエリートにとかかきつつ結局イマイチだったからよんでないんだけど。
あれはドラマにすると面白そうだとおもった。

わしのお気に入りは
華麗なる一族と
ハケンの品格です
天体観測ちょっとみたけど
甘くてダメだね
大学時代のサークルの友人達が社会に出て
変わった後にふたたび出会うっていうストーリーらしい

ミス・ディジーってロードムービーだっけ、まだ見てないんだけど。今日いった部屋でトランスアメリカがいいっていう人が何人かいた。最近のお気に入りはエンタメの映画部屋です。

ドライビング、ミス・ディジー
っていうのもなかったっけ

ペーパームーンのあらすじをググってみたけどなんだか結構面白そうだなあ。でもロードムービーは評価が高くてもはずすことが多いなあ、あってない気がする。ヴィム・ヴェンダースのパリ、テキサスもいまいちだった。
3.2点ならちょくちょくある気がする、3.2以上だと年間50本こえるんじゃないかなー?あんま数えた事ないけど。ロードムービーに限ると高いな確かに。

ペパームーン→ペーパームーン
訂正してお詫び申し上げます

サリンジャーの「大工よ、屋根の梁(はり)を高く上げよ」+「ペパームーン」みたいな映画だね
君の評価が高いのはめずらしいな

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索