叫 (映画)

3.2点 映画館の雰囲気が悪くなかったのがでかいかも。
叫 プレミアム・エディション [DVD]叫 プレミアム・エディション [DVD]
あらすじ:
赤いコートを着た女が水溜りで溺死しているのが発見される。ひょんな事で吉岡刑事はその死体は自分が殺したのではないかと思い込むが第二第三の事件が起こり犯人が浮かぶ。やがて吉岡の下に赤いコートの幽霊が現れる。
監督:黒沢清 キャスト:役所広司、小西真奈美、伊原剛志、葉月里緒菜
叫公式
商品詳細を見る

黒沢監督にしては比較的わかりやすい話ではあるかと思うのだけどやっぱり最期は一寸意味不明だったり(というか設定が突拍子もないのかも)するがまあいいか。幽霊出てくるんですがこれが真昼の幽霊なのですね、クッキリハッキリしててまあ所々不自然に顔白いですけど後は普通にしっかり足がある。普通は幽霊つと背後にイルカモイルカモな感じ(この感じも上手い)なんですがこいつはいたらバッチリいるんです、存在感が違う。この開き直りっぷりは一寸独特、葉月里緒菜顔怖いですよ、人によっては爆笑モノかもしれんがなんか怖かった。全体的に作品の雰囲気が不安定です、役所は段々電波入ってくるしなんか高周波でも入ってるのか耳が不愉快です、叫びも実に不快、小物も道の穴一つとっても須らく不気味。薄暗くてじめじめして不気味さ抜群の舞台ばかりで構成されていて鬱々としますが役所始めキャストが益々と鬱々としてて近年まれに見る繊細に薄暗い映画です。で、その繊細さは多分映画館内に幽霊見て笑う客がいると一瞬で崩壊してしまうというある意味ギャンブル含みです。最期まで不安定さを感じられれば稀に見るバランスの作品、ある意味こんな映画館の状況に左右される映画も珍しいかもしれん。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

とってたっけー時代劇はみてないなー
役所広司結構すきな俳優なんだけど最近どの役もにてきてちょっと残念。
私はオダギリジョーとか浅野忠信とかへんな人がすきだなー

黒沢ってなんか時代劇とってたよね
役所広司さいきんつまらんね
時代にあってないんだろうね
今時代は大泉洋
小泉孝太郎
篠原涼子
加藤あい
だね

たそがれ清兵衛は山田よーじです先生。
黒沢清で有名なのはなんだろー回路とかCUREかな?普通な映画で一番有名なのはアカルイミライか。どっちかっていうとホラーじゃないホラーが多いのかも。
役所広司うまかったです、コメディでは全然ないけどね~。でもコメディっぽい作品にでてる時の邦画すきかな、笑の大学とか。

黒沢監督といえば
たそがれ清兵衛ですね
役所広司はShall We Dance?以来、コミカルな役柄がかえって重荷になっているような気がする

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索