となり町戦争 (映画)

3.3点 思ったより笑えない。
となり町戦争となり町戦争
あらすじ:
気が付くと北原のすむ舞坂町はとなりの森見町と戦争を開始していた。北原の生活はいつもどおりかわりなかったが新聞に発表される戦死者数は増えてゆく。そんな北原に町長から偵察任務の辞令が降りる。
監督:渡辺謙作 キャスト:江口洋介、原田知世、瑛太、菅田俊
となり町戦争公式
商品詳細を見る

なんとなくほのぼのとしたコメディタッチの映画かと思っていたら全然違う(いやひょっとしたら笑うところなのかもしれないけどコメディとしては寒すぎるので失敗している。入り口はそんな感じなんだけれども非常にシビアな映画。いつのまにか目には見えなくても日常に戦争が入り込んでいてそういう町長を選んだのは自分たちで、結局それが民主主義、しかも戦争は町同士お互いの合意と協定の上で行われているクリーンなものですが実際見えないところで死ぬ人々は綺麗ではない。基本的に主人公の北原が最初は戦争が身近ではない普通の一般人として描かれている事がストーリー展開上重要な役目を担っている。世の中の戦闘は民主主義の結果といえるものは少ないかもしれないがなんとなく戦争と夫々の人間の距離間について妙に納得する部分が多かった。人は殺すんじゃなくて死ぬとか、そういう各登場人物の捕らえ方がそれぞれとても面白い。写真家はちょっとやりすぎな気もするけれども役どころとしてああいうキャラが必要なのかなあ、でもやりすぎなような。原作未読なんですが読んでみたいです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

お茶の間かあ。そういえば松田弟もドラマによくでてるときいた。長い散歩にでてたけど普通の役者であんまりどっかいいとは思わない。
江口医者は胡散臭くて似合わない気がするなあ、うーん。

瑛太は気がつかないうちにお茶の間に入り込んでくるから
気をつけた方がいい
江口洋介白い巨塔で
誠実な医学者(助教授)演じてたけど
(奥さんは水野真紀)
笑ったねえ

江口洋介は役柄によってはすごい胡散臭いよねーこれはわりと普通っぽさがあってた気はする、ただ江口じゃないと!とは思わなかった。
瑛太はなんか非常に普通でめだたなかった。そういえばキャストにはよく見るけどあんま記憶がない。売れっ子なの?

江口洋介って帽子のつばを後ろ向きにかぶってかっこつけてる(一つ屋根の下で)って感じがして
好きじゃないなあ
瑛太ってどこにでも出てるね
サプリにも、空中庭園にも、オレンジデイズ、にも東京フレンズにも、anegoにも出ていた
売れっ子だね
僕は嫌いだな
ってみんな嫌いなんだなあと
ふと思った

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索