es(エス) 高島健一・鈴木俊介 (本)

3.1点 普通におもしろげ。
es(エス) es(エス)
あらすじ:
荒川区で奇妙な連続殺人が起こっている。他人に潜り記憶を探る事ができる少年サトルに事件倒れた刑事・清竹へのダイブが依頼される。
高島 健一、鈴木 俊介 他
角川書店
この商品の詳細を見る

人物描写はちょっとパターン杉かとは思うのだけどそれなりに読みやすくそれなりにわかりやすく読んじゃう感じ。記憶というものの表現の仕方がとても面白いかなと思う、なんとなくああこういう書き方面白いなあとか理屈じゃない部分でアリかも。理屈の部分はファンタジーなので突っ込みはなしですが原作がゲームなので色々な面でゲーム的な演出か。話の筋というかエンドまでわりとありがちではあるのだけど描き方が他人の記憶内中心なので結構面白い。もうちょっと理由とかに踏み込んでれば骨太になったのかなあ。シリーズ化すればわりといい線までいくんじゃないかとは思うんだが。原作はドリキャスらしいので是非やってみたいと思うのだがドリキャスってどこで手に入れよう・・・本体は持ってるけどソフト中古屋にもみないよね。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

荒川区って
パンダ帽かぶった男の殺人事件なかったっけ
あれは江戸川区かなあ

そういやなんで荒川なんだろう、なんか川沿いに連続殺人みたいな描写はあったようななかったような。

なぜ荒川区なのか
ゲームの原作って読む気しない

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索