80日間世界一周 (BS) 1956年

3.1点 凄い意気込み。
80日間世界一周 スペシャル・エディション 80日間世界一周 スペシャル・エディション
あらすじ:
イギリスの王立アカデミーである議論が巻き起こる。80日間で世界一周ができるか。できると名乗りあげたある伯爵が従者と共に全財産をかけて旅に出る。
監督:マイケル・アンダーソン キャスト:デヴィッド・ニーヴン、シャーリー・マクレーン、シャルル・ボワイエ、ジョー・E・ブラウン
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る

世界各地を実際に回ったんだろう、56年当時とはいえこれはなかなか凄い旅ですし風景も素晴らしい、そしてその意気込みが冒頭のスピーチに現れている、映画の冒頭にスピーチがあるんですよ、ほほえましいなあ。さてインターバルのあるような長い映画なんですが今からみるとちょっとテンポが遅いと感じると思われます、でもこのおっとりした感じがなかなか萌え。一番光ってるのがパスパルトゥ役のカンティンフラスでなかなか芸達者で動きに愛嬌があってまた萌え。各地でささやかな事件が色々おこるんですけどこれがささやかに各国のお国柄を紹介してていいんですね、日本の演芸とか無茶苦茶だけど、てかインドもひどい扱いだ。80デイズみたいに追って追われてとかそういうアクション性はないのだけど監督の主眼は寧ろ80日の冒険じゃなくて世界各地を回る方じゃなかったんだろうか、画面的に一番素敵だったのはアメリカ横断鉄道からの風景かなあ、今はもうない風景と考えると感慨深いですね(セットかもしれないが)。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

僕は昔
海底軍艦
とかいう日本のSF(昭和初期)読んだことある

原作読んだ気がする、結構前に。
新しい方の80DAYSのほうがコメディタッチかなあ、シュわちゃんでてるやつ。

最後のオチがいいね
どっちか回りだったから一日もうけていた
っていうの
僕原作読んだよ

そうみたいだねーでもクレジットとかには名前でてないんだ、なんかちょっとかわいそう。
パスパルトゥが一番よかったのに。

カンティンフラス

執事の役者。
メキシコの有名コメディアンだったんだよお(^o^);

ふおーっふぉっふぉっふぉっふぉ(^o^);

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索