バベル (映画)

3点 バベった。
バベル スタンダードエディションバベル スタンダードエディション
あらすじ:
モロッコで遊牧民の子供が撃った銃が観光バスの中のアメリカ人女性に当たる。後はトレイラーを見ればok。
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ キャスト:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊地凛子
バベル公式
商品詳細を見る

gyaoのCMで【バベる】:伝えたいことが伝わらない云々。っていうのがあって結構気に入ってるんだがそんな感じであらすじの内容はほぼ”全て”予告編に含まれている。結局のところ言語以前に人間はそう簡単に分かり合えるものじゃないしわかりあえないけど許容は可能というイメージじゃないかとは思うのですが、手法として心象風景や背景等が基本的に表現されていないので観客も登場人物が「そう簡単にわからないよね」というようなある意味映画の内容上正しいけど映画としては不親切なつくりです。そんなわけで何か具体的なモノを期待して見に行った人は凹むんだろうけれども各人がそれなりに思うところがあればそれでいいんじゃないかと思わなくも無い投げっぱなしな感想。監督は観客は見てもわかんないから明文化して予告編に全部詰めたんじゃないかとか、いや予告編作るのはCM会社なんだけどね。とりあえずモロッコとアメリカ(メキシコ)事情はよくわからないが日本シーンで光がチカチカしすぎて不快感ゆんゆんです、がこれも菊地凛子の孤独感の現れなので分かり合えないの表現なんだろうなあとか、いや日本パートは目に悪いぞ(いろんな意味で。視点上弱者を作ってない(各人が集団としてではなく一人の人間として描かれている)ので辛うじて均衡を保ってる映画だと思うがイメージバランスとしてアメリカ>メキシコ>モロッコ・日本だよなあ。なんとなくいいたい事はわかるんだけれどもそれにしても視野拡大しすぎて絞りが甘くなっている印象、時系列が前後してるのだがその必要があったのかよくわからない。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

演技はみてないよ
夢で見ただけだもん

あの演技はいいんだろうけどそれ以前にどうなのかと思わなくも無い

昨日
バベルの夢をみたよ
なかなかいい映画だった
まあ実際のバベルは見てないけどね
菊池凛子の演技がよかった(夢の中で)

結局のテーマは人が通じ合えないという話でCMとかの引用でもかつて人は同じ言葉をしゃべっていたのに神の怒りに触れて言葉が通居なくてばらばらになった-われわれは21世紀になってもまだ繋がれない
っていうのが本来の意味・・らしいからあってるっちゃあってるんだけどあんまり言葉の話でもないしなあ
21gのときもそうだけどちょっと横道的なタイトルつけるよねイニャリトウ

バベルというタイトルがありきたりだ
聖書っぽい
「菊池凛子の勝手にしやがれ」
とかそういうのにしたらもっと受ける

ひろ>
拡大公開するタイプの映画じゃない気がする。下手に場面が日本だからかなあ。
もともとこの監督は会う会わないが激しいタイプだと思うし。

はりぽた>
消しゴムを比べてくる辺り何か恣意的な香りがする。GWしょっぱなにうまく絡めたから批評が出る前に大型の集客が見込めたんだろうというこっから下降路線だろうなあ。
逆に単館でほそぼそやってたら意外なロングランしたかもしれんけど。

話題だけ

ブラピという俳優を使い、
アカデミーという話題、
そして菊池凛子もノミネートされたという
話題だけの映画でしたね・・・。

GWも追い風『バベル』大ヒットスタートPrint フォントサイズ:A A A


ゴールデン・グローブ賞での作品賞受賞に菊地凛子のアカデミー賞助演女優賞へのノミネートなど、公開前から大きな注目を集めてきた『バベル』が4月28日(土)、ついに初日を迎え興行収入40億円も十分に射程圏内と言える大ヒットスタートを切った。

公開初日が大型連休の初日と重なったことで、行楽地に向かう人も多いのでは、との懸念もあったが、前評判の高さもあって公開を待ちわびた多くの観客が劇場へと足を運んだ模様。28日(土)の15時の段階で累計7,149名を動員した。これは2005年に公開され、日本における韓国映画のNo.1ヒット作となった『私の頭の中の消しゴム』(興行収入30億円)の131.0%という驚異的な動員数。最大9連休となるGWも追い風となって今後、45億、50億と興行収入が大幅に伸びる可能性も十分に考えられる。
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/release/2007/05/1710/

メキシコ映画というより合作なんじゃないだろうかと思わなくもないんだけど監督はメキシコの人だよね確か。
CMを見たならあらすじはおkなので字幕なしでも大丈夫なような気がしなくはない、寧ろその方がいいのかもしれん。
3点は平均点なので可も不可もなくかなあ、でもこれ間違いなくヒットしないぞ。

もう見てきたのか
早いな
これユーチューブにずいぶん前から出ていて
見ようかとも思ったけど
字幕がないとわからないと思ったし
断続しながら見るのもなあと思いつつまだ見てません

驚いたのが
これは何とメキシコ映画なんだよね
メキシコ映画でもアカデミー賞対象になるというのが驚き
菊池凛子さんのせいで日本でも大ヒットするらしい
不快感ゆんゆんって香川の方言かなまあ3点というのは評価おじぷなにすれば高い方なんだろうけど
僕ならたぶん4.3くらいつけるだろうね
(評価はけっこう甘い)

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索