シュレック3 (映画)

3点 単発ギャグだけ。
シュレック3 スペシャル・エディションシュレック3 スペシャル・エディション
あらすじ:
フィオナの父である遠い遠い国の国王ハロルドが身罷りシュレックが次の国王として指名される。だが何とか回避したいシュレックは王位継承権をもつアーサーを探しに出かけるが王位を狙うチャーミング王子が王国を狙っていた。
監督:クリス・ミラー
シュレック3公式
商品詳細を見る

CGは確かにさらに美しくなっていた、ストーリーがなくなってたけど。一応アーサーを探しにいく云々の筋書きはあるのですがそれより重視されてるのが量産される単発ギャグ。1つ1つは面白いのですがこうも無意味に(ストーリーとあまり関係なく)続くと少々食傷気味。CGってモーフでも同じ表情でそんなにパターンとらないじゃないですか、そうすると同じ表情で同じような動きを何回もされても飽きちゃうんですよね。CGに演技力求めても仕方が無いところだしハっとする美しいシーンやCGでしか表現できないストーリーとかもなくてただ単発ギャグの連打っていうのは新しい微妙CG映画パターンを作り上げたんじゃなかろうか。そのギャグが食傷な原因もギャグ自体がキャラにばっちりあってるわけでない故に半端な空気を醸し出すという奴でシュレックも含めてどのキャラも個性が薄いんですよ、隣のキャラにやらせてもいいんじゃというくらいに必然性をあまり感じない。そういう意味で前作と比べるとなんだか少し眠気を催しますがまあCGは綺麗だったと思う。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索