グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち (BS) 1997年

3.2点 ええ話や。
グッド・ウィル・ハンティング~旅立ち~ グッド・ウィル・ハンティング~旅立ち~
あらすじ:
大学の清掃員ウィルは掲示板にかかれてあった数学の難問を苦も無く解く。それを見てウィルが天才であると気づいたランボー教授はウィルの後見人となり共同研究を行い、ウィルの内面的な問題を解決するためにマクガイアを紹介する。
監督:ガス・ヴァン・サント キャスト:ロビン・ウィリアムス、マット・デイモン、ベン・アフレック
松竹
この商品の詳細を見る

マッド・デイモンってマッチョ系のイメージがあるので普通に見えるけど実は天才っていうのの表現って凄くあうなとかいう失礼な感想ですがウィルとマクガイアの淡々としたやりとりが丁寧な下地になって最後の劇的なあたりが非常にいい(変な表現だが。地味なやりとりを描きつづけるってのは結構我慢強さがいるなあとも思うのだけれども全体的なテイストが少し明るめなのがほんわかした雰囲気を生んでいる。描かれているのは天才だけど普遍的なテーマで入り込みやすいのがまたいいんだろうなあ、リプリーでも思ったけどやっぱりマッド・デイモンは意外と器用だなあ、とは思うんだけどやっぱり印象はマッチョだ。顔からくる印象か?レビューサイト多そうだから簡単な感想だけど普通にいい話で誰が見ても割と感動はすると思うので家でまったりしたいときにどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

そういえばアメリカ映画で足を引っ張る展開ってあんまりないね
出る杭は打たれるは日本映画の特徴なのか

この映画は
労働者階級から這い上がろうとする主人公をみんなが励ます
ところが日本の手紙では山田孝之をみんなで足を引っ張る(笑)

ロビン・ウィリアムスはどっちかっていうとイメージコメディかなあ。パッチアダムスとかナイトミュージアムとか。
ヒューマン映画ていうと私はジャック・ニコルソンかなあ。

やはり

マッドデーモンというより、
ロビン・ウィリアムスの映画って
ヒューマン映画が多い気がするねぇ。

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索