恋とスフレと娘とわたし 9/1公開 (試写会)

3.2点 面白いけど生理的に受け付けない部分が。
恋とスフレと娘とわたし デラックス版恋とスフレと娘とわたし デラックス版
あらすじ:
三人姉妹を立派に育て上げたダフネが気になるのは末娘のミリーの恋愛。いつもミリーは駄目男に引っかかってしまうのを懸念して自分がいい男を見つけようと出会い系サイトに広告を出す。
監督:マイケル・レーマン キャスト:ダイアン・キートン、マンディ・ムーア、ガブリエル・マクト
恋とスフレと娘とわたし公式
商品詳細を見る

次々と繰り広げられるトークが非常にテンポがよくて素晴らしいし面白いコメディだと思うのだけど如何せん、どうも生理的に受け付けない。なんていうか家族仲よすぎというか娘の恋人を自分で選ぼうというかその辺も含めて家族でイチャイチャしすぎでもの凄く気持ちが悪いですぅ。とりあえず好き嫌い関わらず母は非子離れで娘も情緒不安定気味ではあるが人間関係はテンションが高かった。もう一つの見所はおいしいケーキ達、という事なんだが確かにスフレはうまそうだ、が全体的にゴテゴテしててあまり食欲が・・・わかない。ゴテゴテしているというと全体的な小物もゴテゴテしててそれを母娘で配置を考えたりするシーンもあるんだけどどうもなんだかごちゃごちゃしててカワイイっていう感じではなかったなあ(カントリー系?母が凄くセンスがいい、っていう設定なんだけどうーん微妙、確かに服のセンスはいいとは思うんだけど。うん、面白いには面白いんだけどアメリカ的な下品なセンスのよさに溢れる作品、好みが分かれると思う。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索