ミセス・ダウト (BS) 1993年

3.2点 どこかでみたような気はするものの。
ミセス・ダウト〈特別編〉 ミセス・ダウト〈特別編〉
声優ダニエルは仕事を失った上に妻ミランダにも離婚を宣告される。ところがダニエルは世界の全てより子供が大好き。子供と暮らしたいが為にミランダが出した家政婦求人に女装して電話をかける。
監督 :クリス・コロンバス キャスト:ロビン・ウィリアムス、サリー・フィールド、ピアース・ブロスナン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る

なんというかアレだ、ダニエルが「お互い愛しあってるんだから」と言った時のミランダの冷たい目線がなんとも好き(ミセスダウトに悩みを打ち明ける所もよい、というかダニエルが子供好きなのはわかるが奥さんがかわいそうだなこれは)だ、というあたりロビン・ウィリアムスの芸達者ぶりもさることながら他の脇役も含めていい味だしてます(全体的に目付きがいいなあ)。ストーリー自体は家政婦としてやってきてばれそうなばれなさそうな、という話なんですがまあ意外性はまったくないもののやっぱり笑える。スチューがかわいそうだったり恐竜のシーンでたいして魅力的じゃないのはどうかというのはありますが結果的に問題は解決するので後味がいい。ただ子供の為といいつつあまり子供に視点がいってないあたりが少し残念といえば残念でそのせいか家族コメディという感じは薄いかも。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索