地獄の警備員 (gyao) 1992年

3.1点 不条理系。
地獄の警備員 地獄の警備員
あらすじ:
学芸員をしていた秋子は新しくできた絵画部門に入社するが、同じく藤丸という警備員が警備部に配属された。藤丸は嘗て相撲取りをしていて殺人を行ったが精神鑑定で無罪になっていた。
監督:黒沢清 キャスト:松重豊、長谷川初範、内藤剛志
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る

実に不条理系です。殺人鬼の考える事はわからんというような突き放した視点が伺えるがそんなものなのかもしれない、秋子の割り切りっぷりもすごいけど。逆にこの理解できるような気はするけど同時に理解できない存在、というのを描くのに非常に成功していてこのギスギスした感じというか不条理な感じというのはなかなかの物です。ただ描き方は面白いものの話の全体を通してみるとなんだか助長だし面白みも少ない。勿体無い点としては人事部長とかわりとよさそうなキャラは出てるのにとりたてて面白い方向に話が発展したりはしないあたりか。確かに殺し方のバリエーションは色々面白かったり、というか模索っぷりがかわいかったりするのだけど。俺を忘れるなとか結局何がしたいんだろうね彼は、まあわかりそうでわからないところがよいのだが。一番よかったのは資料室に閉じ込められた時の秋子の影が大きく一瞬映るあたりかな、そういう一瞬の何気ない描き方がやっぱりうまいとは思う、がまあホラー好きじゃない限りつまらない作品だとは思うよ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索