HAZAN (BS) 2003年

2.9点 共感できず。
HAZAN HAZAN
あらすじ:
教師をしていた板谷は職を辞して陶芸家となる事にする。家族に説明し号を波山と称して窯を作り陶磁器を焼く。
監督:五十嵐匠 キャスト:榎木孝明、南果歩、柳ユーレイ
紀伊國屋書店
HAZAN公式
この商品の詳細を見る

日本の風景というか霞みがかった深山や田舎道は非常に美しいとは思う、が波山が美しいとは思えないし共感もできない。貧乏な中で天才的な能力で大成する人は確かにいるのだと思うのだけれども描かれる波山は美しすぎてちっとも貧乏に見えないし芸術に対する情熱も特に表現されていない。しかも売れない中でそれで他人を見下すような態度(妥協しない)というのはただの痛い人です。結果的に大成したのだろうけれども苦労した姿が全く描かれていないので共感できません。それから本人だけじゃなくて妻も痛くて薪が足らなくなったら人の家にいって騒ぎ立てるとかお米代のつけが払えなくて悪口(正論だと思うが)をいわれたら逆切れするとかなんだかあんまり近くにいてほしくありません。南果歩怖いです。ぶっちゃけていうと波山は凄いのかもしれないが飢えさせるくらいなら子供を作らない方がイイんじゃないかというか無責任だと思う、そしてこういう感想しか浮かばないのは波山の人間性もさることながら作品自体の素晴らしさがあまり表現されていないからだと思うが。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索