見知らぬ人でなく (BS) 1955年

3.1点 白黒イイ!
見知らぬ人でなく 見知らぬ人でなく
あらすじ:
貧しい家の医学生マーシュは学費に窮し看護婦クララと援助目的で愛の無い結婚をする。そしてマーシュは無事卒業して望んで地方の町医者となる。
監督:スタンリー・クレイマー キャスト:フランク・シナトラ、ロバート・ミッチャム、チャールズ・ビックフォード
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る

全体的に見ると随分淡々とした話の連続でマーシュが医学生(皆オッサン)の頃から町医者になり・・という暮らしが時系列的に訥々と語られている、のでとくにこれといった場面はないのだけれども何か妙に目がいってしまうのは白黒の魔力なんだろうか。医学生だからといって希望に燃えてる奴でもなく金に汚い奴もいたりというあたりで妙にリアルな登場人物ばかりのなかでやはりシナトラのアルはキラリと光るな。対する主役のマーシュなんですがなんとなく貧乏の出で貧しい人を助けたいという考えはセリフや行動の端々から伺えるものの何となく何を考えているのかよくわからないのですね、恋愛のあたりもあっさりしすぎているし(でも白黒の魔力で真面目な人間に見えてしまう罠。時間的には恋愛パートの方が多い気もするが散見している医師間の繋がりの方が面白かったりはする、がその部分の書き込みも妙に薄い。多分人間関係の描写が少ないのはわざと無表情な医師を主役に据えているからだと思うのだけどその辺で医師物としてもヒューマンドラマというよりはもっと堅い響き。その辺でイマイチ何を描きたかったのかよくわからなかったりする部分で原作が気になっていたりするが真面目に作ってある感じです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索