名もなきアフリカの地で (BS) 2001年

3.2点 自分の道を見つける話。
名もなきアフリカの地で名もなきアフリカの地で
あらすじ:
ナチがユダヤ人を迫害する中ヴァルターはナイロビにドイツの妻子を呼び寄せる。しかし文明になれたイエッテルはナイロビでの暮らしを拒絶するのだった。
監督:カロリーネ・リンク キャスト:メラーブ・ニニッゼ、マティアス・ハービッヒ、シデーデ・オンユーロ、ユリアーネ・ケーラー
名もなきアフリカの地で公式 ハピネット・ピクチャーズ
この商品の詳細を見る

ドイツで迫害がはじまったとはいえ裕福な暮らしをしていた母娘が貧しいナイロビに渡って、判事だった父が汗水流して井戸を掘っていて娘は直ぐに適応するけど母はどうしても受け入れられない。それが色々な事情を経るうちに段々と変わっていき・・・という話なんですがとくに強い感動とかはないものの自然と考え方が変化していく様子が食い違うのが面白い。母強くなったなあ。価値観の差異というのを自然に映像で表現するという点でなかなかの良作です。ただ自然すぎるんですよね、大きなドラマはあるのだけどそれが大きいように描かれていないしあまりアフリカ、という感じがしないのが難点か。アフリカの人々の風習も描かれるんですが最もアフリカポジのレジーナの視点からしても面白いから見に行くもの、という少し距離をおいたものなんですよね。色々深いテーマを内包しているんですが自然な表現は素晴らしいもののサラっとしすぎてる点が少し勿体無い。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索