追悼のざわめき (映画) 1988年

POINT:- 長い電波系。
初回限定生産 追悼のざわめき デジタルリマスター版 スペシャル・エディション(3枚組)初回限定生産 追悼のざわめき デジタルリマスター版 スペシャル・エディション(3枚組)
あらすじ:
マネキンの為に女を殺して子宮を持ち帰る男は小人の営む清掃会社で掃除をして傷痍軍人を殴って金を盗んだり(ry
監督:松井監督 キャスト:佐野和宏、仲井まみ子、隈井士門
追悼のざわめき公式
商品詳細を見る

わりとグロくはあるのだけれどもグロというよりは欝映画でそれ以上に電波映画。とりあえず主人公らしき男を中心になんだかよくわからない兄妹や小人の兄妹や浮浪者や謎な人々が出てくるのだけれども彼らはどこかの物語にかかわるのではなく、彼ら自身の物語の中で生活しているわけで映画全体を通じたストーリーは主に主人公の男の物語に準じているのだけれども彼らは電波なのでストーリーといえるほどのストーリーはないんだ。淡々と謎な生活をしていてるわけで、その普通の人からみると異常な淡々としたことは淡々としているうちになんとなく普通な事になってしまって結局2時間半ほど繰り広げられるとなんだか長いッス。ローアングルからグルグルとったようなカットとかわざと異常に見えるカットもあるんだが酔う。なんだろうね、グロいことはグロいんだけどグロ映画のグロさじゃなくてこの先の暗澹とした感じとかそういうのを含めて全体的な居た堪れなさという点では確かに珍しいものはもっているのだが衝撃に思えるほどでもない。それより笑う映画なのか?と思わなくもないんだが笑っていいものか悩ましい。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索