壁男 (映画)

POINT:- いろいろなものに欠けた映画。
壁男壁男
あらすじ:
テレビ番組、街の噂のコーナーのレポーターの響子は壁のなかからじっと見ている「壁男」についての噂を入手しレポートする。壁男の噂は急激に広がり、そして響子の周りが少しづつ変質していく。
監督:早川渉 キャスト:堺雅人、小野真弓、水戸ひねき
壁男公式
商品詳細を見る

ストーリーとしては面白いと思うのだがわりと頻繁に助長だし人間関係もなんだか散漫だ。いろいろな人が繋がりがありそうにでていくのに放置されていく。そんなわけで微妙に盛り上がりもかけ、ミステリアスさもかけ、そしてホラーでは全くなく、という感じでなにか少しづついろいろなものが欠けてる印象の映画。壁-真ん中な理屈は面白いものの途中で理屈部分放棄されちゃってるし(なんか自己満足っぽ?一人の男がおかしくなってく様はなかなか素敵だったのだけれどもそれ主眼でいくとなんだか落ちが煮え切らないような・・・。もう少し何かにジャンル特化するか真面目に壁男の話にすればよかったのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索