クローズド・ノート (映画)

POINT:- 映画としては悪くない。
クローズド・ノート スタンダード・エディションクローズド・ノート スタンダード・エディション
あらすじ:
香恵は引越し先で一冊のノートを発見する。その中には小学校教師である伊吹の日常が綴られていたがそんな部屋を見上げる一人の男の姿があった。
監督:行定勲 キャスト:沢尻エリカ、伊勢谷友介、竹内結子、サエコ
クローズド・ノート公式
商品詳細を見る

オープニングシーンからわりと魅せる作りにはなっているしカメラアングルから醸し出す雰囲気もなかなかよい、とか映画的にはわりといい作品なんだ。ただ沢尻がどうとかじゃなくて主人公に感情移入できるかで好みわかれると思う。香恵の極主観的(なんだかやけに自分本位にみえる)なポジションによって映画が進行して、それにのりきれれば感動できると思うのだけど客観的に見ると結構痛々しい部分が多い。そもそもストーリー展開から考え合わせると香恵は伊吹の生活を日記を通して追体験してメッセージを伝える控えめなポジションにあって基本的に爽やかで切ない映画だと思うんだが清純さ(?)を前面に押し出していて妙にあくが強い。そう考え合わせるとストーリー上あまり話が展開しないのに香恵がやけに張り切ってるので妙なアンバランス感を感じる。そういえば友人の話とかその友人彼氏の話とか知りきれな部分も多いし永作とかいい配置で出ているのだけれどもどことなく知りきれトンボであったりとなんだか勿体無い部分も多い。微妙に長い気がするのもなんだか。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

放置なのヵ・・・なんとなく携帯小説ぽいイメージになってきましタ。情緒的なものを描くにはストーリーの大筋に絡まないしなんだか・・・w

清純派じゃなくてもっとスケバンとかそういうのに出ればぴったりだと思うんだけどなーあとお局様とか。むかしの江角マキコ的ポジション?

友人彼氏、放置でした。
この人はストーリーの要素というより、あくまで香恵の気持ちというか情緒的なものを描くための挿入されたのかなぁ、と…。

沢尻アク強いですよね~(^_^;)女優としてはそれが存在感ある、とか言って評価されるのかな

どことなくひさー。
小説もこんなかんじだったのか・・・てっきり映画がカエよりなんだと思った。原作も友人彼氏は放置なんでしょうか?雫井脩介自体読んだことはなかったりするのだけど。

ハーフだとは気が付かなかったな。記者会見がどうのという方はあまりよくしらないけど女王様っていうイメージはあんまりないなあ、映画は。ただ出てる映画だいたい清純な役なのに灰汁が強いよね。

コレ原作読んだんですが、原作もやはり↓こんな印象でした~
>主人公に感情移入できるかで好みわかれる

個人的には入り込むとか感動とかいうより、香恵の痛々しさやら、友人、変な男、憧れのお姉さんへの思いやら、どっか微妙な女子大生時代を思い出して苦笑、て感じでしたが(笑)

そういや沢尻エリカってハーフだったんですね。あんま見えないなぁ

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索