めがね (映画)

POINT:★ 実際変な映画です。
めがね(3枚組)めがね(3枚組)
あらすじ:
何もない町で黄昏れる。
監督:荻上直子 キャスト:小林聡美、市川実日子、加瀬亮、光石研、もたいまさこ
めがね公式
商品詳細を見る

どこかからスーツケースを持ってやってきたタエコの視点で眺める映画なのですがユルユル系。それぞれの登場人物がどんな人なのかという説明も一切無く、ストーリーはなにも展開しなくてずっと海辺で黄昏れてる話です。登場人物間で物語が進行したりも一切無い。対立要素が何もないんですよ、たとえば都会で疲れたからとか嫌なことがあったから黄昏るとかいうマイナス面も全然描かれていない、多分それは観客の個人的なマイナスに重ね合わせてくださいという趣旨のような気がするのだが映画の中でもあるように「ここにいる素質がある」かどうかというアル意味興行的にどうなのかというような部分で好みが分かれる作品。何という体験系w。タエコと一緒に映画を見て黄昏れればいいかんじな気分になれるがそうでなければ超絶眠い映画だろう、何せ見終わった後も登場人物について何一つわからないのですから。これで映画が成立するのかと驚嘆するほどなのですが私はなんだか妙に和んで面白かった。海は綺麗だし雰囲気は上等なのだがかもめ食堂のような指向性もないです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索