日本のいちばん長い日 (BS) 1967年

POINT:★ 熱いわー。
日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日
あらすじ:
ポツダム宣言の受諾はあらかた決まったが国民に向けての玉音放送をどうするか会議が終わらない。長い長い8/15のお話。
監督:岡本喜八 キャスト:宮口精二、戸浦六宏、笠智衆
商品詳細を見る

終戦直前の緊迫した1日をこれまた緊迫した雰囲気で描く緊迫した映画。熱気むんむんみんなマジ切れ、凄い熱気です。陸軍が反乱を起こすんですが、今からみると全日本人が玉砕してでも天皇を守るという思想は馬鹿馬鹿しいと一蹴する人が大多数だろうけれどもそれは今の価値観であって、狂信的な人たちも普通にいるだろうし周囲の状況がわかっていて停戦を決意した上層部も当時の社会情勢で植民地化されたインドや中国を見てきているわけだから、今の日本人が気楽にもっと早く停戦すればよかったとかいう人もいますが停戦自体がかなりリスキーな選択肢だったのはちょっとよく考えればわかるはず。そして降伏したら一緒に闘ってきた仲間や先達の死はなんだったのかっていうのもわかる(っていうのも烏滸がましいですが)んですよ、だって一緒に飯食って訓練したクラスメートみたいな奴らだろうしそれが無駄死にって許せないよね。まあ情報も偏ってたのも大きいけどこれはこの人たちの責任と言い切れるわけでもなし。なんかそういうのがぎゅうぎゅうに詰め込まれた非常に濃い映画です。こういうのを見るたびに今の価値観で過去や他人を計ってはいかんなあと思うのですが重いし長いのでまあ気楽に見ないほうが吉。実際に日本の経験のある世代だからこその熱気だと思うのですが配役が豪華だなあ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索