女優霊 (gyao) 1996年

POINT:- 映画としては微妙ですよ?
女優霊女優霊
あらすじ:
映画監督・村井は撮影を進める中でフィルムが二重取りになっていることに気がつく。その元になった映像は嘗て村井が見たことがあるものであり、そこにおかしなものが写っていた。
監督:中田秀夫 キャスト:柳ユーレイ、大杉漣、根岸季衣
商品詳細を見る

なんか久しぶりに見たけどやっぱり特に面白くない、というかなんか助長、なんだけどこの映画の見所は映画じゃなくて実際の幽霊が映りこんでいるところ、なんだけどどこだったか忘れたのでなんとなく最期までダラダラみてしまった、失敗。それ以外にもスロー再生すると女優霊を写りこませてるのがわかるとか色々こってはいるらしいんだけど普通に見えないとあまり意味が・・・。そんなわけで斜め上な鑑賞を行ってたわけですが幽霊が生々しすぎるんですよね、コレ。それに対する悲鳴もなんだか物凄いかっこわるい。盛り上がるべき最後がなんだか急速にショボーンとするのですよ、それまで端っこにチラチラ映ってる女優霊はそれなりに不気味なのになあ。怖い部分は事故死のシーンですかね、なんだか怖い部分は妙にリアルだな。全体的になんとなく散漫な印象を受けるのですが多分それは撮ってる映画自体と二重取りされた昔の映画があまりストーリーに絡まないのに描かれてるのは撮影部分だけ、というところが大きいんだと思う。もっと役者のエピソードをいれれば感情移入できたかもしれない。時たま効果音が変な気がする。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索