斬る (BS) 1968年

POINT:★★★ 飄々萌え。
斬る斬る
寂れた宿場で飯に飢えた源太と半次郎はたまたま通りかかった竹井に握り飯を貰う。しかし竹井らはその宿場で腐敗政治を行っていた城代家老を上位うちにしてしまう。
監督:岡本喜八 キャスト:仲代達矢、高橋悦史、中村敦夫、久保明
商品詳細を見る

仲代達矢の飄々としたマイペースな感じが非常にいい、ヤクザ者っぽくひょうきんなのにどこか筋が通ってるみたいな。高橋悦史も田舎者っぽく朴訥な感じがよくでていて組長も真面目でいい。鳥が歩くところとか境内の会話とかちょっとしたところも妙に小憎い演出。なんかみんな貧乏臭かったり真面目だったりするのが凄い生き生きしてて自然だ、こういうのが身近にいたら楽しそうです。こんな感じのキャラだった映画はとても好きですしちゃんとストーリーも各登場人物にばっちりあった按配で進んでいく。タイトルは斬るなわりに乱戦やら飛び道具が多いので斬りあいなんかの爽快感はあまりないのだけれども、なんともいえない娯楽性のあふれた作品です。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索