モロッコ (BS) 1930年

POINT:- 表情は非常にいいのだが。
モロッコモロッコ
あらすじ:
歌手のアミーはモロッコへわたり、バーの歌手となる。バー主人は金持ちのパトロンを見つけろというがアミーは外人部隊の一兵士であるトムと恋におちてしまう。
監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ キャスト:ゲイリー・クーパー、アドルフ・マンジュー、マレーネ・ディートリッヒ
商品詳細を見る

今の映画にはないようなやたら上品な表情作りは白黒だからよけいに映えているんだろうか?この映画の美しさはリンゴを売るデートリッヒで、稀有に色っぽい表情がどことなく猟奇的に素晴らしい。ただ雰囲気はいいものの妙に歩く姿があまり綺麗でないような気がしてしまった、猫背じゃないかしら、なんとなくずっと気になるんだ。そんなわけでモロッコの異郷のバーでの恋愛なんですがアミーはなんでベシェールと仲がよくなっているんだろうかとか展開上感覚的によくわからない部分がちらほら。そもそもトムともお互い人間不信なのにあっという間に恋に落ちるというのもなんだかピンとこなかったりもする。ただローテンポな昔の映画にはよくあることではあるのだが恋愛モノとしてはよくあるパターンでもある。そんなこんなで微妙にピンとこない作品。最後はよかったと思う。

そして新年は古典。明けましておめでとうございます、今年も宜しくま。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

すごくいいにはいいんだけどテイストがいまいちあわないんだよなー
ウディアレン程度の下品な上品さは結構すきなんだけど昔のテンポのゆったりした上品さはちょっと苦手かなあ。
この辺はいかんともしがたい所。

良いだろ?デートリッヒ

フェードインとフェードアウトも(^o^);

ふおーっふぉっふぉっふぉっふぉ(^o^);

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索