ダージリン急行 (映画)

POINT:★★★★ はーとふる?
ダージリン急行ダージリン急行
あらすじ:
フランシス、ピーター、ジャックの兄弟は1年の絶交ぶりにダージリン急行で再開し、心の旅を始めることにする。
監督:ウェス・アンダーソン キャスト:オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン
ダージリン急行公式
商品詳細を見る

とても個性的な3人兄弟がインドを旅する話なんですが、うん、この面白さはなんていって伝えていいのかよくわからない。3人ともとても個性的なんだけど、それは3人が変わっているんじゃなくて世の中の人はみんな一人一人違うんだというオレンジ色なメッセージ。本人たちは心の旅だっていってるけど見てる間はそんな感じはしないんだよね、で、色んな寺にいったりガヤガヤしたりするんだけど、最後には本人たちとは関係なくこれは心の旅なんだなと思わせる作りの上手さが光る作品だ。ロードムービーなのに押し付けがましくも勝手に解釈しろテイストの放置系でもなくて、とても丁寧でやわらかい。技術的にはスローモーションやコマ送りが多用されているけど使い方が驚異的にうまくて、映画の中の時間やら空間やらの観念がとても面白い。あと小物の使い方が非常にうまくてカバンやコップ1つとってもかなりスパイシーです。面白いといえば短編でホテル・シュヴァリエ(これで脱ぐならクローサーでも脱げよとか見て思ってたのは秘密)というのが冒頭に10分少々入っているんだけれども、これが最後に効いてきたりもする。不思議な雰囲気を活かす構成が素晴らしい映画で、見た後の感じが凄く爽やかになれる映画です。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索