EVIL NOTE イーブルノート (ヤフ動) 2004年

POINT:- 低予算にしては。
イーブルノートイーブルノート
あらすじ:
脚本家を志していたジェフにある映画の脚本の依頼がくる。それは35年前一家惨殺をした殺人鬼の話の映画化だった。ところが脚本を書くうちに、その脚本と同じことがジェフの周りで起こるようになる。
監督: マーク・アトキンス キャスト:アダム・ボールドウィン、ウド・キア
商品詳細を見る

それほど面白くはないのだが低予算にしては頑張ってた、低予算に弱い自覚はある(スイマセン。35年前の殺人事件をトレースするうちに自分の周囲に不可解な出来事が起こる系の話でまあありがちな設定ではあるものの役者がなかなかサイコな感じで悪くない(ただサイコな視線から悶々としたものは感じるんですがイマイチ切迫感もないんだよなあ、内にこもった感じで特に発露したり爆発したりしないというか。ラストに若干謎が残るもののそれまでの主役の疑惑と奥さんまわりの楽天さがなんとなく面白く、主役がなんとか抗おうとするのも微笑ましくていい。ただやはりもう少し捻りがないと記憶に残らないなあ、多分この辺がメジャーになれるかの境目なんだと思う。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索