ミンボーの女 (BS) 1992年

POINT:★ なんか無難。
ミンボーの女ミンボーの女
あらすじ:
サミットを迎えたいあるホテルの悩みはロビーにヤクザがたむろしている事だった。何とかヤクザを駆逐したい総支配人は鈴木にヤクザ対策を一任するが逆にヤクザに脅されて窮地に陥ってしまう。そこで民暴専門の弁護士井上まひるに対策を依頼することになった。
監督:伊丹十三 キャスト:宮本信子、宝田明、大地康雄、村田雄浩
商品詳細を見る

面白いには面白いのですが対象がヤクザなのにマルサ2の黒いテイストが薄れてしまって若干残念。話は無難な感じに展開し、あんまりエロいシーンもなく無難な感じに締めくくられる。まあ無難っていっても結構波乱万丈だしヤクザが怖い人にとっては結構目から鱗なんではないかと思うのですがまあ私はある意味半端にヤクザに親しかったりするのでそんなに衝撃的でもない部分がマイナスに働いているに違いない。というか普通の人にとってヤクザって怖いものなのかと逆に鱗。たまに特攻する奴がいるからヤクザは怖がられていたんであって法改正で逆に今は足かせになってたりとなんだか閑話休題。相変わらずの伊丹節はやはり魅力的ですがやっぱりミンボーの女こと井上まひるのキャラが濃すぎるんだろうなあ。つまるところヒーローモノ的テイストになってしまっていて他作の人情とかやりとりといった面白さがやはり薄れている。ただやっぱり役者の配置が抜群にうまいなあと思った。宝田明とかってなんか騙せそうな顔してるよなあ。小松方正も伊東四朗もたちが悪そうでよい。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索