ガルーダ (ヤフ動) 2004年

POINT:- ヒロインむかつく。
ガルーダ DTSスペシャル・エディションガルーダ DTSスペシャル・エディション
あらすじ:
タイで地下鉄を掘ってる時変なものにぶちあたったのでタイの考古学を研究していたリナが招聘される。物々しい警備の特殊部隊員と共に地下に乗り込むリナ達だったがそこには・・・。
監督:モントン・アラヤンクン キャスト:ソンラン・テピタック、サラ・レッグ
商品詳細を見る

怪獣映画なんですけども件のガルーダ、強さがよくわからない。いや、強いには強いんだろうけど空から突然現れたり(するときはなんかでかい)何故か人とタイマンしたり(するときはなんか人+くらいのサイズ?)とシーンによって結構マチマチだったりします。まあパッケージみたいに羽がでかいシーンはないんだけど。それとどうもマトリックスを意識してるせいか、よくわからないタメがあって所々不自然に動きが止まっていたりします。まあそもそもストーリー自体行き当たりばったりすぎる気がしなくもない。そして一番の問題はヒロインがむかつくんですよ。これは個人的なものかもしれないが善意被害者ぶって最後まで周りの被害を全く考えないタイプですね。まあもともとストーリー上の必要性が薄い分嫌なところが目立ったのかもしれないと思わなくもないんだけど。うーむ彼氏は結局最後どうなったのか。どうも投げっぱなしな部分も多いです。さてこの映画の駄目な部分はなんとなく展開に纏まりがない部分だがいい部分は怪獣映画頑張ってるとこ。まあ怪獣映画好きじゃないといまいちだろうなあとは思うけど怪獣映画好きなら途中で見るのをやめることはあるまい。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索