カッコーの巣の上で (BS) 1975年

POINR:- 当時としては斬新だったんだろう。
カッコーの巣の上でカッコーの巣の上で
あらすじ:
監獄で乱暴狼藉を働いて強制労働を免れようとしたマクマーフィは精神病院に送られる。
監督:ミロス・フォアマン キャスト:ジャック・ニコルソン、ルイーズ・フレッチャー、スキャットマン・クロザース、ブラッド・ドゥーリフ
商品詳細を見る

精神病院に迷い込む(迷い込んだわけではないが)のはどんな感じなんだろうか?主人公のマクマーフィからみた精神病棟の世界は確かにちょっとオカシイやつらではあるけれどもそんなに他と変わらないと思ったのではなかろうか。これはマクマーフィーが在監者のためもあるだろうけれども寧ろ精神病者を人間としてではなく精神病者として管理しようとする病院側のほうが若干異質に感じる。ただかといって病院側が悪というわけではなく、病院側も誠意を持って対応しているところに人間ドラマとしてのこの映画の面白さがある。単純な対立構図というわけじゃなく、結構マッタリというかゆったりした雰囲気なので映画としてはどちらかというと地味な部類に入るだろう。そんな映画を支えるマクマーフィ役のジャックニコルソンもさることながら同僚(?)の患者役が実に個性豊かで面白いです。最後のシーンも勿論素晴らしいのだが一番の顔役者はなんといってもルイーズ・フレッチャーですね、女優魂であるよ。
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

カッコーの巣の上で

刑務所の強制労働を逃れ精神病院に入ったマクマーフィ。 病院内では婦長ラチェッドのもと患者達は厳しく管理されていた…。人間の自由と尊厳をテーマに描くヒューマンドラマの傑作。

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索