ポロック 2人だけのアトリエ (BS) 2000年

POINT:★ エド・ハリスがおかしい。
ポロック 2人だけのアトリエポロック 2人だけのアトリエ
あらすじ:
新進気鋭の印象派画家ポロックは女流画家のリーとともに暮らし始める。リーはポロックの才能を見抜きプロデュースを試みるがなかなか花開かない。
監督:エド・ハリス キャスト:エド・ハリス、マーシャ・ゲイ・ハーデン、エイミー・マディガン、ジェニファー・コネリー
商品詳細を見る

実話伝記モノなのですが、このポロックなエド・ハリスがやけにサイコもののシリアルキラーみたいな表情でなんかおかしい。基本的にこの映画は最後に売れることを前提として作られている雰囲気を受ける。んだけど、その中でポロックが絵を描いているシーンがあるんですがその辺妙に作業的でなんだか距離感のある雰囲気だ。で、その雰囲気が芸術の作成、というかポロック像に結びつかないんですねなんとなく。ポロックをそのまま描いたのではなく、こういうポロック像とその周囲の関係を描いているんではなかろうか。基本的に周囲の人はいつかポロックが有名になるとごく普通に信じていて、でもその中でポロックが異質にギシギシしている変な映画でその辺は面白い、のだけれども結局芸術家ポロックではなくてそのギクシャクした家庭関係を描いている感じなので、そういう描写がイマイチ波乱な人生というかポロック像に繋がらない。ストーリー的に面白いと感じるかかどうかはそもそもこのストーリーに魅力を感じられるかだと思うんだけどうーんあんまり一般受けはしないだろうなあ。作中に出てくるポロックの作品は素晴らしかったのだけど。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索