羅生門 (BS) 1950年

POINT:★★★★★ 深いわー。
羅生門 デラックス版羅生門 デラックス版
あらすじ:
羅生門で男たちが話をしている。それはある夫婦と盗賊の話だった。
監督:黒澤明 キャスト:三船敏郎、京マチ子、森雅之、志村喬
商品詳細を見る

なんか随分前に一回みたことがあるんだけどまた随分と印象が変わったかも。1人の女が強姦され、1人の男が盗賊によって殺される。それを全く異なる4つの話で展開し、サスペンス的な見方をすると誰が本当の事を言っているのかっていう楽しみ方もできるけれどもそれを含めて各登場人物の表情が素晴らしい。とくに森雅之の表情が凄いんだ。なんか感情を抑えているのにさげすんでるのがわかるみたいな、うん、なんか鳥肌たちますよ。それから所々空とか森とか登場人物の視線を追うように風景カットが入るんですがその挿入具合がまた絶妙です。なんつかこゆ画面の作り方が抜群にうまいと思うんだ。ただ実際音が聞き取りづらいしごちゃごちゃしててよくわからないシーンは多少あるし、あと結構見てるときの気分で感想がかわりそうな映画なきもする。ただどちらにしても一度面白いと思えば見るたびに面白そうな映画だ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索