クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ歌うケツだけ爆弾! (民放) 2007年

POINT:★ 面白いには面白いのだけど。
映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!
あらすじ:
海岸でしんのすけがシロと遊んでいるとシロのお尻に地球が吹っ飛ぶような爆弾が装着されていた。爆弾をなんとか宇宙外に排出しようとするUNTIと爆弾をいけにえにしよう(?)とするひなげし歌劇団がシロを奪おうと野原家にやってくる。
監督:ムトウユージ
商品詳細を見る

面白いには面白いのだけれども短絡的すぎる感じ。下品なのはおいといて細かいネタとしては面白いんだけれども全体的に見ると結局宇宙人は何がしたいのかとかひなげし歌劇団が何がしたかったのかさっぱりわからないしストーリーとしては凄く微妙。下品なところは子供向けなんだろうけど、ひなげしとかは大人向けなターゲットなあたりもバラバラ感を増している。でもあんな絵柄なのにエフェクトや動きが妙に細かかったりするし作画方面ではなんかやけに頑張ってたので若干+(あんな絵なので絵がいいというわけではないんだけど)。個人的に微妙なのがテーマ性か。ストーリー全体があってないようなものなのでやけに目立つのかもしれない、というか妙にういてる。ようするに色々細かく計画するより人生にはやらなければいけないことがある、みたいな部分がある意味テーマになってるんだけど本当に無計画で目の前のことばっかりなのでちょっと引いた。私も計画的な方ではないんだがこの今がよければそれでいい(失敗したらシラネ)的な雰囲気はやはりどうにも好きになれない。でも最近多いよね。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

基本は家族愛なのかもだけどそれはわりといつものことだったりするかも。
子供向けアニメって劇場でねたりするよね、前こち亀で派手にねた。

ども(。・_・。)ノ

これは映画館で見た(謎

くまさんの言うようなテーマだったけか?
もっと「愛」がテーマだったような希ガス・・・が!所詮ほぼ寝ていたので、わからん。
しんちゃんもドラえもんもなんかアニメは子供が絶対来る!ある程度予想できる!って興行側にとってよい作品で、つくりなんていい加減に成ってきていると思う。

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索