青春のロシア・アヴァンギャルド (美術展)

にいってきました。
ロシアってキュビズムとか前衛でもなんとなく土臭いというか実体的とかそういうイメージを受ける。なんかどしっとしてるとかそんな感じ。後期の作品(?)に入るとさすが社会主義で労働とかもテーマにチラホラなんですが、なんていうか人というか質量を感じる。色使いが妙に暗色が多い性かもしれないけど、軽やかさとは相対するなあという印象です。シャガールが結構来てたんですがシャガールは魔術師がすきかも。でもやっぱり暗色の作品ばっかりだった気がする、傾向的にその後パリにいったあとのふんわりしたのと比べれば。ときめいたのはカジミール・マレーヴィチの抽象な奴。白い十字架とか案外表面粗いんだけど、その辺もロシアっぽいなあと思いつつやけにときめくんだ。あとニコ・ピロスマニの男の人が酒場かどっかで集まってる絵とか。全体的に黒いんだけど黒とか紺がやけにどっしりと鮮やかなんだこれが。国柄ってあるのかなあやっぱり、革命とかそんなロシアの歴史と絡めても面白いです。bunkamuraは2番目に好きな美術館(一番はオペラシティ)なんだけど、展示の方法が好き。今回も特に後半、シンプルな枠にストライプの背景とか凄くすっきりした画面構成でなんとなく居心地がよかったり。国立でももっと展示に気を使えばいいのになあ。そういえばプロタザーノフのアエリータがかかってた。ロシアのSF映画も好き。
russia_avan
1999年に開館したモスクワ市近代美術館は、20世紀前半に花開いた“ロシア・アヴァンギャルド”の中心的な役割を果たした画家たちの作品を所蔵する美術館です。そのコレクションの中核をなす作品の多くは、現在の総裁であるズラープ・ツェレテーリ氏により海外から買い戻されたものです。
【会期】2008年6月21日(土)-8月17日(日)
【会場】Bunkamuraザ・ミュージアム
モスクワ市近代美術館所蔵 青春のロシア・アヴァンギャルド シャガールからマレーヴィチまで
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

ロシアアバンギヤルドはわしでも作れる

もともと美しいものを求めてるわけじゃないだろうからなあ
大衆の血と汗と涙!を明るく描こうなかんじでしょう
あの骨太なところが案外すきだけど

僕は1984年頃池袋西武でやったのを見に行きました
ロシアアバンギャルドは美しくないね

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索