20世紀少年 8/30公開 (試写会)

POINT:★ がんばってるとは思う、でも25はないだろ。
20世紀少年 第1章 終わりの始まり 通常版 [DVD]20世紀少年 第1章 終わりの始まり 通常版 [DVD]
あらすじ:
ケンヂは実家のコンビニで姉の子カンナと母と一緒に働いていたがある日同窓会に誘われる。同窓会でもちきりの噂はともだちというカルト宗教団体。そしてその団体のシンボルマークはかつてケンヂたちが子供の頃作ったものだった。
監督:堤幸彦 キャスト:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦
20世紀少年公式
商品詳細を見る

そもそもがわりと伏線多くて壮大なんだけど結構地味ーな話であんまりお金かけた映画には向いてなくて(金かけるとこ間違ってる気がする)、しかも長いから趣味の単館にもならなくて、っていう意味で映画化不可能な作品だと思ってたんだけど、ちょっと苦しい。冒頭から盛り上げようとしてるんだけど、当のケンジたちが1997年時点でちょっとヲッサンすぎる(多分このころ25くらいの設定のはず)しケッロヨン~とかなーんちゃってーとかいうノリ(でもその普通の人たちを描いたところがそもそもの原作では面白い部分だが)をどうみても見た目30後半がやってるとなんだか凍る。そんな合間に突き刺さる妙にシリアスなBGMと効果音があまりあってなかくてどこか居心地が悪い。このへんのギャップは原作に似せれば似せようとするほど(実際似てる)なんだかツライと思わせる部分があるんだけど、でも似せようとかなり頑張ってた。全体的にいい部分は凄くいいんだ、子供の頃とかセピアな感じだし普通の人がってあたりが生活観溢れてる部分はいいし、いつのまにか巻き込まれてるあたりもいいんだけど、最後になるにつれてどんどん普通って部分が薄めている。全体的には3部作なのもあって、なんともいえないところではあるのだが多分次作はそれなりに面白い(漫画的にも)んだろうけど多分ラストは原作と全然違うんじゃないか。この漫画伏線はりまくりなんで最終的にどうころがすのかはよくわからないが1作目見る範囲ではまあまだなんともいえないところ、風呂敷広げましたEND。個人的にオッチョトヨエツはちょっと微妙だった、浅野忠信とかばっちりだと思うんだ、うん。テルテルもばっちりだけどもう少し若ければ。。。キャストは全体的に凄くあってた、もう少し若ければ・・・。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索