次郎長三国志 (映画)

POINT:- マヂなのかギャグなのか?
次郎長三国志 [DVD]次郎長三国志 [DVD]
あらすじ:
次郎長は粋なヤクザの親分。結婚したばかりの妻を置いて子分を連れて修行に出る。
監督:マキノ雅彦 キャスト:中井貴一、鈴木京香、岸部一徳 、 笹野高史
次郎長三国志公式
商品詳細を見る

なんだかギャグなのかマジなのかよくわからない映画だった。なんつか全体的に作り物感が漂う・・・お約束感とはちょっと違うかもしれない、もう少し形式的というか枠が浮いてるというか・・・。簪咥えて明らかにフガフガいってるし、そこはカッコイイシーンじゃないの的な妙に浮遊なシーンが多かった。概ねはコメディ風味の任侠モノなんだけど、ところどころ目が笑ってないんじゃないかとか、お蝶はおきんを笑ってたんじゃないかとか、なんだか勘ぐりたくなる今日この頃、いや実際勘ぐるってあのタイミングは。っていうところがチラホラです。おおよそ現代じゃない真夜中の弥次さん喜多さんっぽいという(そこまでははっちゃけてない、わりと普通に時代劇)。ところで三国志なんですがどこの三国なんだろう、三河あたりなんだろうか。そういや渡世の話もほとんど出てなかったような気もするしよくよく説明の薄い映画なきもする。とはいえ背景を知って見に行ってもあんまりかわらないんだろう。多分、これはサザエさんの一種だ。不思議に立ってたのはキャラクターで、サンママサとか大政とかよくあるタイプではあるんだけど非常にいい味を出してた、とくにサンママサとかやりすぎだろと思わなくもないレベルで。やっぱりどうも統一感がないというかやりすぎとやらなさすぎの境目が謎なのかな。それから室内とか誂えとか結構凝ってて日本家屋ウォチ的にみると興味深くて結構面白かった。勘ぐりいれながら見ると面白いと思う。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

ぎやたん>
でも割となんでもありです。
そういえばこないだ隠し砦の3人あらためてみたんだけどリメイクの新しい奴の見る気がまた失せたとかそういうアレ。
次郎長のってなんとなくたくさんある気もする。

ひろ>
結局どこが三国なのかよくわかるません。
あたらしい三国志のってレッドクリフかなぁ。
なんとなくLOVERSのイメージなんだよなあ。でもジョンウーなら普通のスペクタクルな作りかもしんない。
水軍いいらしいからちょっとみてみたいけどストーリーはあんまり期待してないとかアレです。
個人的には赤壁→レッドクリフってウケタ。

翼さま>
ドラマ風といえばドラマ風なんですが、なんとなくイメージ的には美味しんぼかもしれません。
細かい所々が妙にうそ臭い感じがしました。なんでだろう?
TVなジャンルで言うとバラエティになるのかなぁ。

映画というよりは、ドラマ風なのでしょうかね?
割り切って観れば面白そうかも(*^.^*)

そもそも

そもそも日本で三国志というのも
なんかおかしいかも。

確か11月に三国志やりますよね。
タイトル忘れたけど。

それは私見に行きます。

なんでもありだな・・・

と思ったら、新しいのなんだ。

東宝版(1950年代)のかと思ったわ(^o^);

ふおーっふぉっふぉっふぉっふぉ(^o^);

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索