ベンジャミン・バトン 数奇な人生 2/7公開 (試写会)

POINT:- 面白いには面白いんだが。
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [DVD]ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [DVD]
あらすじ:
ベンジャミンは生れたときから老人の姿で、父親に老人施設に捨てられた。彼を拾ったのはそこで働いていた黒人女性のクイニーで、老人に囲まれながら老人の姿の子供ベンジャミンは暮らし、感謝祭で出会った少女デイジーに恋をする。その後ベンジャミンは普通の人と反対に年を重ねるごとに若返っていくのだが・・・。
監督:デヴィッド・フィンチャー キャスト:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・フレミング
ベンジャミン・バトン 数奇な人生公式
商品詳細を見る

なんか凄くフォレスト・ガンプにシンクロすると思ったら脚本がフォレスト・ガンプの人で凄く納得した。この手の話は面白いには面白いのだけど凄く面白いかというと悩ましいところ。フォレスト・ガンプほど時勢にのった話ではないんですが、全ての出来事をどこか第三者的に平板に描いている風味があって、伝記的に面白い以上の面白さってのが多分意図的に削がれている。大事な人との別れも出会いも時間の流れに押し流されていってしまうんだ。淡々と描くことで多分色々考えて欲しいという方向性ではないかと思うんだけど、どうも日本人は当時の世情がよくわからないもので、フォレスト・ガンプ同様今ひとつピンとこない感じ。もう一つピンとこないのがみんないい人すぎるというか、老人→若者なベンジャミンを見て誰も不審に思わないというか、ある意味気持ち悪がらないというのがちょっと奇異、というかなんか不自然な感じがします。綺麗に纏まってはいるのだけれども、普通はもっとなんというか・・・谷の部分があるだろ。そういう意味でティム・バートンならきっとそれっぽいファンタジスタを演出できたのではないかと思わせる作品でもある。全体的にどこか不自然に寓話臭いというかマイナスな感じで嘘の香りがするんだ。さて見所はというとブラピとケイトが老人になったり若かったりする部分で、この辺の特殊メイクもなかなかなんですが、中心二人のストーリーが押さえ目な分脇役のティルダ・スウィントンとかジェイソン・フレミングが随分光っていた。そういう意味でも全体的にそつがない映画でもある。フォレスト・ガンプが好きな人は面白いだろうしそうでない人は微妙かもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

ディカプリオとブラッドピットは賞狙いが解りやすすぎるからなぁ。
ただディカプリオは合う役は結構上手くやってる
特に最近。
でもみんな顔が四角くなってくのはなぜなんだろう

デカプリオは出る映画選べといいたいな
彼はラブロマンス以外は無理だ
アビエイターみたいな演技力必要なのは無理だ
彼はアランドロン二世だな
この映画はテレビで見たが意味がよくわからなかった

じぷ

基本的にあかちゃんから老人も老人からあかちゃんもルート的には同じだと思う。ないとこから成長してまたすべてなくしていくというか価値観的な?そゆいみかな。
5行レビューだしまぁわりと多義的な映画だと思うので人によって感想は違うんじゃないかなぁ。
ただ意味内容以前にふんがすきじゃないんだよなぁ。このへんは好みだとおもうけどティムバートンが撮ってたらかなり好みだった予感。

ベンジャミンバトンは最高の映画です。あなたは全く悲しい位に理解してません。ベンジャミンは人と逆の人生を送っていません。というか送れないんです。これ以上は自分で考えてみて下さい。雷は?ハチドリは?父親の会社は?彼女の職業は?そして彼の最後は?全ての謎解きが出来ればあの映画の真実が掴めるでしょう。きっと最高の映画に変わります。

あれで癒されるかなぁ?
仏教的に見るとはじまりもおわりもおなじとかそんな
でも最後子供のほうが食費かかんなくていいよね

苦:人類愛・ロード・家族愛

共感を得るエンターテイメントというより、心の苦悩とか愛とかそういうメッセージを伝える趣旨の「指導的」な要素が強いと思うな。

娯楽として見るよりは癒し系みたいな映画なんじゃないかな

設定に無理というかよく考えたらファンタジーの一種なきもするけど
ファンタジーぽさがないなあそういえば。
主題はなんだったんだろう?かわらない愛とかかしらん

早くも観たのですねーw
こちらは公開を指折り数えているところですよ♪
かなーり設定に無理がありますものね。これを纏めたのだから
脚本家さんはさぞかし大変だっただろうなぁ(笑)
何はともあれ、楽しみです♪

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索