カプリコン・1 (BS) 1977年

POINT:★ 意外とシンプル。
カプリコン・1カプリコン・1
あらすじ:
人類初の火星探査ロケットに乗り込んだところ、打ち上げ直前に不備が見つかり降りるよう命じられる。不承不承3人は廃棄された基地に移動するが、そこで火星にいったかのような撮影を強要される。
監督:ピーター・ハイアムズ キャスト:エリオット・グールド、ジェームズ・ブローリン、カレン・ブラック、サム・ウォーターストン
商品詳細を見る

そもそもあの形のロケットに3人で何ヶ月も乗るのは無理じゃねと思わなくもない。さてストーリーは打ち上げ予定のロケットは実は打ち上げされてなくて、その映像は地上で撮影されたものだった、という話なのだけど、NASAの陰謀(?)自体は至極シンプルでサスペンス物というよりは特に後半はアクション物な面白さを追求してる作品。頭より足を使え的なある意味迷走してるんじゃなかろうか。しかし砂漠の朦朧とした感じに結構緊迫感はあるものの、国家の陰謀アクションな感じはしつつ後半になればなるほど展開的には安っぽい大(小?)立ち回りで埋められていって、メインなNASAの陰謀そこのけで突然出てきた第三者の爺さんやらヲッサンとかの見せ場になっていくのはなんだか本旨から随分ずれてるような気がしなくもない。そもそもNASAの陰謀という設定自体は非常に面白いのに全部うっちゃるというのはちょっと勿体無い気がするなあ。一番の原因はどうやって逃げるかよりどっちに逃げるかっていうアクション的なチョイスばかりさせてるせいだと思われ。せめてもう少し宇宙飛行士的な葛藤があれば。でもアクションとしては面白い。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

マタンゴは蒸し暑い感じとけだるいかんじがいいよね
きのこは結局はえてるだけだし

安っぽいエスエフなら
マタンゴだな
日本ホラー史上最高傑作だ

アポロ型の宇宙船で何ヵ月とか計画の時点でふしゅうがします
安っぽいSFすきなんだよねー
最近のSFは大作しかなくてつまんなぃ
安っぽいから身近で夢があるのに

またふりいなああ(^o^);

あんまり覚えてないぞ!

ふおーっふぉっふぉっふぉっふぉ(^o^);

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索