ヤッターマン (映画)

POINT:★ アニメを真面目に実写化(w)
ヤッターマン “てんこ盛りDVD”ヤッターマン “てんこ盛りDVD”
あらすじ:
全部集めると何でも願いがかなうドクロストーンを狙ってドロンジョ様達とヤッターマン1・2が闘う。
監督:三池崇史 キャスト:櫻井翔、福田沙紀、深田恭子、阿部サダヲ
ヤッターマン公式
商品詳細を見る

アニメを忠実に実写化すると基本的に無理がでるのでその辺は演出するのが昨今の実写映画ですが、無理なところを無理なまま実写化したのが本作の面白さ。普通ヤッターワンに捕まったまま海を渡ると大変だよね、とかケンダマで闘うと滑稽だよね、っていうのをマヂで実写化しててワロタ。ただそういう部分が面白さの大部分の割合を占めているし、知ってて当然な感じで映画中の説明もあんまりないので元アニメみてない人にはよくわからないと思われ。面白いかどうかは原作見てるかによるところも大きいんだけど基本的に忠実に実写化した駄目な感じ(反語)の作品なので大作を目的にするんだとNGだと思う。さて前評判的に色々あった深キョンはちょっと声に違和感が残るものの実に好演してて、主役二人はまあ別に誰がやってもいいんじゃないかなな感じなんですが、一番よかったのはボヤッキーで、なんていうか違和感が全然ない、意味がわからないレベルで本当にない、びっくり。あと他には普通にシモネタなので子供はみないほうがよいでしょう、っていうかR12くらいつけたほうがよかったんじゃないだろうか。それとは別途思ったのが、そういえばヤッターマンって別にメカにのって闘うわけでもなく、さらにメカが殴り倒すわけでもなく、メガが作る大量の小型ロボットが敵を倒すという変なロボットアニメなんだなと。よく考えると原作もギャグテイストでそもそも花とか爽快感とかないわけだし、原作好きならこれでいいんじゃないかと思わなくもない。というかロボット映画のスっきり爽快作にするには原作的に無理だとオモタ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

再放送でみてたんだけど謎ののりが結構すきだった
ミニメカの斜め上さに萌え
天野
義孝もすき
映画版のメカがなんかアダルトなんだがそもそも子供がみるには語弊があるよなぁこれ
タツノコ映画化ふえてて楽しいです

実写化には無理があるだろうナァと、観るのを躊躇っていたのですが、
無理を承知で実写化したのであれば、観方も変わってきますよね(´m`)クスw
今度はどんなメカが出てくるのだろう?原作では毎回楽しみにしていました♪

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索