ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (映画)

POINT:- 井出がハゲてない。
あらすじ:
間男が働き始めた会社はブラック会社だった。そもそも間男はニートだったため、その会社のほかに働くところがなかったが、ある日限界がきたようです。
監督:佐藤祐市 キャスト:小池徹平、マイコ、池田鉄洋
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない公式
なんか細かいところで井出もリーダーも大してムカつかないとか、そもそも小池徹平が爽やかなせいか全然ブラック臭をうけないという点でブラック会社なのかこれ(何日か徹夜とかはあるけどあんまハードそうでない)というところ。もともと2ch発祥の話でリアルタイムで読んでたんですが、なんつうかやっぱ雰囲気が全然違うなあと。でもイマイチの原因は2chとブラック会社の絡みが半端すぎるとこかも。2ch部分がストーリー展開上いらないというか、なんか余字記載的雰囲気をかもし出している。なんか無理矢理CGいれるために2ch入れてる様な感じというか、2chパートが本編とあんま絡んでないというか唐突な感じなのです。で、2chがなくても、というかないほうがストーリーがすっきりするような気がするんですが、なんかそうするとニート更正映画にしかならないという実に微妙なさじ加減である。いやぶっちゃけこのご時世だし、ニートが働くのはいいよっていう映画にするのもなくはないとは思うんですが、働くのが大変なのを描いてるわけだしあんまニート時代のことが深く絡んでないしってので結局全体的に半端なんです。さらに半端なのが半端なクオリティなCGだったりする。全体的に思うんですが、これってブラック会社の雰囲気じゃないよなぁ、なんとなく取材全然せずに作ってるんじゃないか感がして、よけいに薄っぺらく感じてしまう悲しさというか、つかやっぱり致命的なのは小池徹平(全体的にそうですが)から疲労臭がしないところだろうなぁ。この監督のキサラギが面白かったので期待してたんですが、なんかもっとオリジナルな感じではっちゃけたほうが面白かったんじゃないかと思わなくもない。よくわからない商品宣伝がちょこまか入ってたのでスポンサ関係でもめてたんだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索