Dr.パルナサスの鏡 (映画)

POINT:★ 思ったよりデップの出番はない。
あらすじ:
ヴァレンティナは首をくくったトニーを発見。なんとか助けたときにはすべての記憶を失っていた。パルナサス博士はその鏡を使って悪魔と重要な賭けをしていて、トニーはそのために現れたキーマンのようでもある。
監督:テリー・ギリアム キャスト:ヒース・レジャー、クリストファー・プラマー、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル、リリー・コール
Dr.パルナサスの鏡公式
CM見るとジョニーデップな映画っぽかったのでどうかなぁーと思ってたんだけど、あんまり出番なくて(かえって)よかった。そもそもヒース・レジャーがなくなってしまったので代役で3人の役者がやってる経緯はあるんですが、鏡の中という設定なので多少顔がかわっても違和感がない作りになっている、コリン・ファレルの眉毛が太いのがやや気になるくらいで。さて面白いかというと映像はバロンっぽく素晴らしい気はするんですが、ギリアム作品にしてはなんか印象が残らない感じ。個人的に当たり外れがでかい監督ではあるんだけど、いつもは微妙なら微妙なりに記憶に残る。でも今作はなんか印象がイマイチ薄い。それは多分トニーが4人になってる点でトニーの個性が薄らいだからだろうか。なんかもともと記憶喪失っていうのもあるんですが、重要な役どころなのに靄っている、トニーの部分は結構投げっぱなしなのに画面から消えても全然気にもならないという薄っすら感である。設定からしてキーマンのはずなのにイメージが固まらないってのが結構致命的で、メインテーマは悪魔とのかけとか価値観なんだけども、話がトニーをハブにして展開するのにトニー自体に思い入れようがないので全体的にチグハグに印象が薄い。ある意味勿体ない気もするんだけど映像がいいのでなんとなく+。チャーリーのチョコレート工房よりは面白い。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索