ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 (映画)

POINT:- なんか微妙なテイストのほうのミーケ作品
あらすじ:
ゼブラーマンがいなくなって25年後、東京はゼブラシティとなり、朝と夕方の5時から5分だけ権力者は自由に犯罪を行える世界となっていた。そんな東京で市川(ゼブラーマン)は記憶を失って目を覚ました。
監督:三池崇史 キャスト:哀川翔、仲里依紗、阿部力、井上正大
ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲公式
前作未見ですが漫画は読んでた感じです。さて、うーん、アレな三池テイストと割り切っていけばまあまあ面白いとは思うんですが、ぶっちゃけ普通に見ると色んな意味で半端な気がする。普通に見てるとパッと見ジャンルがよくわかんなくて、ギャグだって気づくの結構後になるよねこれ。あでもアレな三池テイスト的には王道なんだけど。なのでまあ好きな人は見に行けばという感じなんですが、多分目玉はゼブラクイーンなんだ。全体的に中身1/3くらいは仲里依紗のPVのような気がしなくもないんですが、でも仲里依紗はおばちゃんにしか見えない罠。確かにPV化した部分は顎にエッヂが効いてエロカッコいいような気もするんですが、それ以外の普通のシーンがモジャ頭でおばさん臭い気がする、なんていうか大阪のおばちゃん敵な(しかも実態アレやし)。致命的なのはボンテージな衣装を着ても正面写しでは足が短くてやや幼児体型にみえてしまうんですよね。そう考えるとあの衣装ならもう少しプロポーションいい女優を使ったほうがよくて、その意味でキューティーハニーは成功してたような。そう考えるとPVって凄いな・・・。内容はえーと、わりとくだんない系だと思う。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索