地獄に堕ちた勇者ども (BS) 1969年

POINT:- なんか複雑。
地獄に堕ちた勇者ども [DVD]地獄に堕ちた勇者ども [DVD]
あらすじ:
第二次大戦間近、鉄道王ヨアヒムが殺害される。ヨアヒムの後釜を狙うエッセンベック家の遺族たちの思惑をよそに、ナチスの親衛隊も彼らの財力を狙っていた。
監督:ルキノ・ヴィスコンティ キャスト:ダーク・ボガード、ヘルムート・バーガー、シャーロット・ランプリング、イングリッド・チューリン
商品詳細を見る

基本は鉄道王の遺産の跡目争いなんだけれども、それに当時の情景からナチスとかの思惑も絡む重厚な映画で、映画外の設定というか当時の状況をある程度しらないと面白くないかもしれない、長いナイフの夜事件とか。当事者たちはとても個性的、というか個性的過ぎるんだけれども、そういう人々が当時の世相を表象していて、財閥の力を背景に狂ってる母とか、なんとなく女色にふける変態な息子とか、自由主義な夫婦とか、冷酷で権力的なナチ幹部とか、なんかまさに目の前の自分の欲の為には家族皆殺しにしても別にいいやっていう雰囲気。丁度ナチスが軍備を拡張して戦争に向かっていく過渡期の緊張感となんか荒れた世相ってのがガリガリ表現されててなんか非常に疲れる。とりあえず話と人物と思惑が結構入り組んでるので元気なときに見るのをお勧め。全体的にゴシックに重厚な、ある意味変態(退廃)映画ですが疲れてるときにみると凹みそう。一番印象に残るのはマルチンなんだけど、なんか後々まで絵として焼きついてるのはソフィーの顔と手の色が全然違うあたりかな。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索