めぐり逢い (BS) 1957年

POINT:★ どことなく上品な。
めぐり逢い [DVD]めぐり逢い [DVD]
あらすじ:
歌手のテリーは婚約者の下を離れ豪華客船で一人旅をしていた。そこで出会ったのが有名な青年実業家のニッキー。テリーは婚約者を慮ってニッキーと距離を置こうとしたがいつしか心ひかれ、下船の時に1年後にエンパイアステートビルの展望台でめぐり合うことを誓って別れるのであった。
監督:レオ・マッケリー キャスト:ケイリー・グラント、デボラ・カー、リチャード・デニング
商品詳細を見る

シンプルにいうとテリーとニッキーのらぶばななんですが、表現が案外奥ゆかしい。テリーは次第にニッキーに惹かれていくのに世間体とかを考えてなるべく避けようとする、でも一緒にいられるのが嬉しい、みたいなのを随分奥ゆかしいというか煮え切らないというか、あーもう!っていう感じでやきもきといちゃいちゃしてるようなそうでもないような時間が結構延々とながれる。こういうスレてないというか、見てて照れるというか恥ずかしくなるような恋の演出って近来稀で、なんか逆に目から鱗だ。とりあえずそんな二人は下船(いちゃいちゃで結構な時間が割かれる)するのだけど、そこからが結構急展開で面白いところ。抑えた演技というか溢れんばかりの愛情を抑圧してる感じがどっかいじましくて、これも最近の映画にはないもんだなぁと。なんていうか、視線とかちょっとした仕草を相手への意思表示じゃなくて相手に伝えようと思ってないはみ出した意思の表れとして描いている部分が昨今からみると斬新なのです。ともあれ一部の登場人物がちょっと可哀想だったりもしますが、スローテンポのらぶばなとしてはわりといいのかも。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索