シャークアタック 地獄の殺人ザメ (民放) 1999年

POINT:★ 誰がなんと言おうと好きなもんは好きなんだ。
あらすじ:
鮫学者のスティーブンは鮫学者の友人から不審なメールを受け取ったのでアフリカの町に赴く。そこで出会ったのは友人の妹のローレンスで、友人が鮫に食われて死んだことを知る。どうやらその近海では鮫が凶暴化してるらしく、不審に思った二人は鮫を調査することにした。
監督:ボブ・ミシオロウスキー キャスト:キャスパー・ヴァン・ディーン、アーニー・ハドソン、ベントレー・ミッチャム
紛う事なきB級なんですが、なんか意外と真面目につくってて驚いた。なんかもっとこーワーガブリギャーみたいなノリを期待してたんだけどどっちかっていうとサスペンス。グロシーンとかも特になくて、でも寧ろフツーに出てくる鮫に齧られた写真とかそういうフツーのリアル写真が結構痛々しいっていうか、今の映画にはとても載せられないレベルだと思う。いや、問題なのはタイトルのわりに別に鮫怖くないことで、せっかくなら何匹も出てくればいいのにとか、なんか長閑やわー。でもよく見ると鮫の目って結構キュートだったりする。なよなよしてるわりに無駄に無敵な主人公とか、ラスボスバレバレなのに全然気がつかない主人公とか見ててなんだかgdgd感はそれなりに漂うのですが、別にいいんだB級だし。そんなgdgdな流れなのでぼーっと見てると最後がちょっとだけ意外だった。しかしやはりB級好き意外にはお勧めしない。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索