トロン:レガシー (映画)

POINT:★★ 近未来萌えすなぁ。
あらすじ:
エンコム社に莫大な功績を残しながらも突然の失踪をとげたケヴィン。そしてそれから二十年あまりがたち、息子のサムがエンコム社の大株主となっていた。そしてある日ケヴィンの同僚であったアランのポケベルにケヴィンから20年ぶりの着信があり、これを知ったサムはケヴィンのゲームセンターに足を踏み入れる。
監督:ジョセフ・コシンスキー キャスト:ギャレット・ヘドランド、ジェフ・ブリッジス、オリヴィア・ワイルド、ジェームズ・フレイン
ブルース・ボックスライトナー
トロン:レガシー公式
前作のトロンの20年後の世界で、なんとなくサイバーというか近未来的な雰囲気がとてもたまらない作品。前作の中盤gdgd展開にもめげなかったファンにとっては本作も面白いものと思われる。というか前作ほどじゃないんですが今作も中弛みが激しいがこれは芸風なんだろうか。本作の残念な所はゲーム性が薄れているところか。確かにライトバイクやらソーサー投げは面白いんだけどやや前作の雰囲気を残すためっていう感じが否めずゲーム(機材?)として新しいものがない。更に言うと後半にいくにつれてどんどんスピード感が失われている。ドラマ性がある分ストーリーがありふれたものになってるわけで、前作と比較すると期待以上の物ではない気はする。個人的には無機質な前作の雰囲気が結構好きで、本作はプログラムにしてはヒューマニティ溢れてるところが少し硬質な世界観を微妙にしてる気がしなくもない。ともあれリベリオン・マトリックス的な流れの一環としてトロンレガシーがあるとすれば、前作ファンじゃなくてもそれなりに楽しめる作品になってる気がする。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

まー想定内っしょ

あえて観に行って、やはり近作も騙された感^^

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索