ココシリ (BS) 2004年

POINT:★ 風景は綺麗かも。
ココシリココシリ
あらすじ:
チベットの奥地にあるココシリでカモシカの密猟が行われていた。自警団は密猟者を追いココシリに足を踏み入れるがそこは美しい景色と裏腹に人間が容易に立ち入れない場所であった。
監督:ルー・チューアン キャスト:デュオ・ブジエ
ココシリ公式
商品詳細を見る

ココシリってかくとなんかかわいげなイメージですが、めちゃシビアです。何がシビアっていうと展開もあるんですが、これ実は実話で最後のほうになるにつれてなんだか淡々と辛い方向に話が進んでいく。でもこういう展開のなかで善悪がどうのとかいう以前に風景が異界なんですよね、物凄い綺麗なんだけど人間があわないというか人間がいることに違和感があるというか。なんかありえないくらい綺麗すぎてギャップが激しすぎる。そもそも空気のせいかデフォルトで空とか不思議な色してるんですよね。それでそんな中で人が人を追いかけていくんですが、なんか見てるととても人が生存できるところではないんだ。で、割と普通に色々な出来事が描かれてるんですがそもそも全然人が住んでないところで装備もなく別れるってよく考えるとかなり極限状態。そのへんもなんか普通にサラッと描かれているんですが、どことなく映画全体に漂う不協和音というか、物凄い不穏な雰囲気がする。まあこの辺は見る人によるかもしれないけどとりあえず人間お断りな雰囲気は衝撃的だった。なのでなんかラストのいいも悪いもない感じがやけに自然に感じた。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索