勇気ある追跡 (BS) 1969年

POINT:★ なんとなく凸凹。
勇気ある追跡 [DVD]勇気ある追跡 [DVD]
あらすじ:
父を部下のトムに殺されたマティはトムを追って保護区へ訪れる。そこで片目の保安官コグバーンを雇うが若いレンジャーのラボーフもついてくる。
監督:ヘンリー・ハサウェイ キャスト:ジョン・ウェイン、キム・ダービー、ロバート・デュヴァル、デニス・ホッパー、ストローザー・マーティン
商品詳細を見る

飲んだクレもどうしようもないジョン・ウェインと少女というよりは少年としか思えないキム・ダービーが荒野を旅する。ヲッサンと少女が旅っていうとどことなくロマンスっていう感じなんですが、これは全然ちがくて少女が本当に鼻水たらしそうなというかテキサス少年にしか見えない。勇ましい少女を描くにしてももう少しありそうな気はするんですが、このよくわからない凸凹っぷりがそれなりに面白いんだ。色気がないから好き勝手やってるみたいな。それでそのマティが随分挙動不審っていうか随分面白い動きをする。特に宿敵トムと対峙した時が面白くて、なんか凄いへっぴりごしでしかもクネクネするという、不自然なんだけどこういう動きもありかなと思わせる点でひょっとしたら名優なんではないだろうか。という部分でキャスティング的に面白いのかどうかよくわからないんだけど、この映画の面白いところは予想外のところからピンチがやってくる意外性なんだな。展開としてはありえなくはないんだけどなんでわざわざそんなところでピンチをもってくるか、という強引さがなんだか面白い。あと死にそうなのに馬がもったいないとか色々物事の優先順位がよくわからなかったりする。西部劇ってのは随分かわったテンションの作品も多いものの、随分チグハグというか妙な雰囲気を醸し出しつつ粗野なジョンウェインのアクションもなかなか光ってて総合的には面白かった。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索