127時間 (映画)

POINT:★ 痛い痛い。
あらすじ:
一人で各地を探検する登山家アーロンは今週末はブルージョン・キャニオンにトライすることに。ノリノリで出かけた先の事故で大きな岩に手を挟まれてしまい脱出不能となる。水も食料ももう少ない!
監督:ダニー・ボイル キャスト:ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ
127時間公式
ノンフィクションで主観的な映画っていうとなかなか珍しい気がしなくもないが、本作はアーロンが旅に出て旅に帰るまでを描いたほぼ一人視点の映画だ。危機的状況の中でどう考えてどう行動するかっていうのが映画の主眼になっている。ちょっとした油断で大事故っていうのは山ではよくあることだし、だから一人で山にいくなんて個人的には狂気の沙汰だと思うんだが、山に登る人にとってはこんなに恐ろしい映画もそうそうないだろうなぁ。この映画の見所はエンディングに向けての焦燥なんだけども、基本的にアーロンがお気楽な人間のせいか直接的に絶望したりとかいう描写はあまりなく、そして風景がカラっと明るいせいかなんだか妙にライトな雰囲気を感じるのは監督の気質だろう。面白みという点では何ともいえないけど、なかなかじわじわくる恐怖が描かれている。そしてこの映画は結構痛そうなので、そういうのが苦手な人はやめといたほうがいいかもしれない。でも強引に引き抜こうとしてるときはあんまり痛そうじゃないよなあ、麻痺したのかな。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索